ウーマン

乾燥肌を改善するには【有効成分を多く含む基礎化粧品を使おう】

肌の乾燥とバリア機能

ウーマン

バリア機能が低下する原因

季節の変わり目は肌も乾燥しがちになり、肌トラブルに悩む人も多いのではないでしょうか。乾燥肌になると今まで使っていた化粧品がある日突然合わなくなったり、人によっては肌に赤みや痒み、ピリピリした感じがするなどの症状が出る事もあります。これは肌に水分を保持するのに必要な皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質が減少し、バリア機能が低下した為に起こります。バリア機能の低下は栄養の偏った食事や睡眠不足、ストレスなど主に生活習慣が原因の場合もありますが、実は間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になってしまう人も多くいます。洗顔する際に汚れをきちんと落とそうと肌を擦り過ぎたり、温度の高いお湯で洗ったりしていませんか。これらの行為は肌を傷つけ、水分を保つのに必要な皮脂まで落としてしまいます。洗顔する際には指ではなく泡で洗うイメージで行い、洗い流す際はぬるま湯か水で流すようにすると肌にダメージを与える事なく洗顔できますよ。また、洗顔した後そのまま何もつけないとさらに乾燥しやすくなるので化粧水や乳液などのスキンケア用化粧品を使用してきっちり保湿するようにしましょう。化粧水や乳液をつける事で肌に潤いを与え乾燥肌になるのを防いでくれます。もし、乾燥肌が原因で今までの化粧品が合わなくなったのであればもったいないからと我慢して使い続けるのではなく、速やかに買い換えましょう。保湿効果の高い物や低刺激性の物など種類も豊富にあるのでその中から今の自分の肌に合った化粧品を探してみましょう。